1

Topic: 「Windows 10」に教育向けの新エディション「Windows 10 Pro Education」が登場

<p>Microsoftは来週リリースする「Windows 10 Anniversary Update」に合わせ、「Windows 10」に新しいエディション(SKU)を加える。</p>

<p>Microsoftは米国時間7月27日、Windows 10 Anniversary Updateで「Windows 10 Pro Education」が新たに提供されることを発表した。これにより、Windows 10 Anniversary Updateのラインナップは「Windows 10 Home」「Windows 10 エディション 」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Pro Education」「Windows 10 Education」の5種となる。

<p>新しいWindows 10 Pro Educationはいくつかの方法で提供される。まず、ハードウェア提携企業が新規デバイスにインストールして提供し、学生向けの割引価格で購入できるOEM SKUがある。Microsoftはまた、学生向け割引ライセンスで購入したWindows 10 Proが動いているデバイスのユーザーにも、Anniversary Updateの一部として自動アップグレードでWindows 10 Pro Educationを提供する。「Academic Volume Licensing」を契約しているユーザーも、将来的にVolume Licensing Service Centerを利用してWindows 10 Pro Educationを入手できるようにする。</p>

<p>Windows 10 Pro EducationとWindows 10 Educationとの違いは、Windows 10 ProとWindows 10 Enterpriseと同じようなものだ。</p>

<p>Windows 10 Enterpriseと同様に、Windows 10 Educationのユーザーは、「Device Guard」「Credential Guard」「BranchCache」、そして先に発表された「Windows Defender Advanced Threat Protection」などProバージョンにはない機能を利用できる。Windows 10 Enterpriseユーザーは、Long Term Servicing Branch(LTSB)オプションとして、最大10年間新機能はなくセキュリティアップデートのみを利用できる選択肢も提供される。筆者が把握している限り、Windows 10 Pro EducationとWindows 10 Educationの両ユーザーはLTSBオプションを利用できない。</p>

<p>また、Microsoftは以前、「Set Up School PCs」アプリや「Take a Test」アプリなど教育市場向けにフォーカスした機能オプションをWindows 10 Anniversary Updateで加えることを明らかにしていた。</p>

<p>Windows 10 Pro Educationには、「Cortana」が削除されているなど、教育向けのデフォルト設定もある。また、TechNetの記事では、「Windows Spotlight」や「Start Menu」アプリのサジェスチョン、「Windows tips」などのAnniversary Updateの設定について、ユーザーによる管理が可能、あるいは不可能な項目を挙げている。salesoftjp.com
</p>

Last edited by salesoftjp (2016-11-22 16:43:55)